北辰一刀流「格」と直心影流「法定」

北辰一刀流「格」


北辰一刀流では、組太刀のことを「格」といいます。格とは、骨格という意味で、基本基礎的な動きを示す型のこと、北辰一刀流門人は、入門当初に格を学びます。また、基礎基本から離れて応用はありませんから、北辰一刀流「格」は最後まで習い続ける型でもあります。鬼小手という特殊な小手をはめて、二人組で木刀で稽古します。

格の本数は何本もありますが、どの一本でも自分のものになると、すべての型が分かります。

それで、北辰一刀流では、切り落としを発明すれば(教えることができない微妙さがあるので個人が発見しなければなりません。それで発明といいます。)免許皆伝を与えると言っています。


直心影流「法定」


直心影流・法定の型は、歩く座禅といわれるほど、気を高め心を清浄する効果があり「剣術型の王者」といわれています。

剣術諸流派・他武術の達人名人も法定を学んでいるほど、その素晴らしさは、昔から認められていました。

私は青年時に法定を初めて見ましたが、その時は未熟者でしたから、最悪の型だと思いました。その後、再び縁があって実際に行ってみると、こんなすごい型はないと実感しました。それほど、分かりにくいですが衝撃的な型です。

法定は、春夏秋冬、4本の型から成り立ちます。かなめは真歩という運足と努力呼吸という呼吸法です。

真歩は、両足を揃えて一直線に踵を上げずに運びます。

努力呼吸は、自然呼吸をしないで意思を持って呼吸を行います。

達通すると、体が落ち着き、心が清明となります。


剣道


北辰一刀流・振り棒


聴講

掃除

北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000