北辰一刀流の(第七代宗家 椎名市衛成胤先生の北辰一刀流道場)HPです。

椎名宗家は北辰一刀流剣術と剣道の達人として知られていますが、なによりも剣を通して得られる、人生の美しい生き方を、だれにも分かりやすく教えてくれる稀有な素晴らしい先生です。

私たちは、他では、なかなか得ることのできない貴重な経験を、北辰一刀流の稽古を通して、皆さんと共に味わいたいと思っています。

堅苦しくなく、楽しいですから、ぜひ、北辰一刀流のお稽古にきてください。

北辰一刀流 門人一同

剣術・剣道の良さ (宗家講演録より抜粋)

対人(人対人)の武道をやると、攻防の中に、その人の人格が表れ出てしまう。横暴な人は強引な技。臆病な人は慎重に守る。対人武道は、他の武道・スポーツ等と異なり、必死が懸かっているからこそ、その人の心底が表に出ることになる。

そんな人格形成に関わる要素があるからこそ、対人武道は学ぶべき価値がある。特に剣術・剣道は、刀によって即死という前提があるので、他の武道に優ること数千倍の緊張感がある。これを【真剣】と言う。この真剣があるからこそ、剣術は尊い。

そのことを踏まえて、剣術・剣道の稽古の視点を、技術の習得【技法】を通した心のコントロール【心法】に置き、人格形成を目標にして、日々の稽古で錬り鍛えると、自然と相手の心が読めるようになる。と同時に、自分の欠点も良く分かるようになる。そして、そうなることによって、人間としての【真の成長】・【真の向上】が自然と興ることになる。それが、剣術・剣道が「他の武道の優る価値」といえよう。

さて、自分のことが分かったという自覚は、何よりも嬉しいもので、それを【悟り】と言う。小さな悟りは、どのような武道でも得られるが、剣術ほど頻繁ではない。大きな悟りとなると、史上、剣術の独断場と言ってよいくらいだ。学ぶべきは、武士道を興した剣術である。しかし今、そのような剣術を伝える者は、誰であろうか。

諸人よ、【後悔したくなければ、正師に就きて学べ】と古人は言うぞ。正師に出合うことは得難く、誰もが出来ることではない。………やるとすれば、今しかないぞ ‼


おことわり

このHPは、北辰一刀流宗家の志を汲み、皆様へ、武道・武士道の普及と、理解のために開示しています。よって、流儀の秘伝を載せるような映像等はありません。もし、この北辰一刀流HPを読み、すこしでも、もっと深い内容を知って、自分の人生を充実させたいと興味を持った方、一緒に稽古してみませんか。きっと、今までにない世界が開けますよ。