北辰一刀流について


北辰とは 

北辰とは北極星のことです。

北辰との命名は、流祖千葉周作先生が少年時に住んでいた「斗瑩稲荷神社」(宮城県大崎市古川荒谷)境内で修行した「北辰夢想流剣術」に因っています。斗瑩とは、北極星のことです。

一刀流の名は、青年時に江戸で修行した「一刀流中西派」から取っています。

北極星が、天の中心にあって不動のことから、剣術の中心、不動の強さなどの意味合いを含め「北辰一刀流」と名付けたのです。

道場は、神田お玉が池にあり「玄武館」と命名されていました。玄武とは、北を護る神獣で蛇が亀に絡んだ形で表現されます。

蛇は繁栄の象徴、亀は武の象徴と言われます。

北辰夢想流の伝書が下記の写真です。

 

北辰一刀流の特徴 

北辰一刀流は、剣術史上の最大流派という特徴がありますです。流祖は、千葉周作成政先生です。

日本最大ということは、当時、一番多くの人々に認められたということで、それまであった剣術の、どの流派よりも優れていることの証明であると思います。

北辰一刀流は、それまでの流派にあった神秘性、権威性を排し、言葉による理論的な解説と、鍛錬を主体とした合理的な稽古法、免許を省略した負担の少ない授業法で、誰でも簡単に学べて、上達が早いことが特徴です。実際、現宗家が学んだことも、根源的であり科学的な技術、そして心術でした。

門弟にとっては理解しやすいために、大変な人気となり、浅草寺に掲げた門弟額には6千数百人の名前があったそうです。

周作先生は、形稽古と竹刀稽古を、鳥の両翼のように、無くてはならないものと教え、合わせて学ぶことを強調しました。他流では、形稽古が廃れて竹刀稽古全盛の当時にあって、大変稀なことでした。しかし、その形稽古が剣の上達に大きな力となりました。

周作先生は、中西道場時代に寺田五郎衛門先生に師事していました。寺田先生は、竹刀稽古は一切やらず、それで、だれにも負けない、形稽古の名人でした。つまり、古い流祖たちと、同じ稽古法で精進した先生なのでした。

「技の千葉」と言われていますが、周作先生は、技というものの構成要素を、形稽古から的確につかんでいたために、竹刀の技が自由に使えたといいます。その強さは抜群で、史上第一の剣客といわれている直心影流男谷信友先生をして、あれほどになるまでには相当苦労している。と言わしめました。

二男の栄次郎も抜群の腕前で、二人は、剣客商売の秋山古兵衛・大二郎のモデルとも言われています。

このようなことから、北辰一刀流は、日本剣術の第一番の流派といわれています。



北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000