北辰一刀流の断絶

千葉周作成政

北辰一刀流開祖、千葉周作先生は、気仙沼に生まれ、故あって少年時は父と荒谷村斗瑩に住みました。

ここで、北辰夢想流の千葉吉之丞先生から剣術を習いました。

16歳のとき、吉之丞先生の息子周作の名前を借りて江戸へ出て、以後千葉周作と名乗り、浅利又七郎先生の道場で稽古します。  

浅利又七郎義信

浅利家は中西道場の別格家といって、中西家の後見人でありました。

別格家とは、本家に跡継ぎが無くなった場合、その流派を継ぐ家のことです。

つまり、流派の影の本流的存在で、浅利先生は、江戸随一の実力者といわれていました。

その浅利先生が、養子にまでして欲したのが周作先生の特別な才能でした。

浅利先生は、まず自分の道場で周作先生を鍛え、ある程度の力量を付けさせて中西道場へ送りました。

当時の中西道場は、寺田五郎衛門、白井亨、高柳又四郎など名人や、山岡鉄舟を悟りに導いた後の浅利又七郎義明などの素質ある剣士が、ずらりと居並ぶ日本一の道場でもあったからでした。

浅利先生は、周作先生に思う存分に剣を磨かせましたが、周作先生の天才では、日本一の道場でも、物足らなくなりました。

北辰一刀流の誕生

周作先生は、一刀流を改良し始めました。

周作先生の才能を生かさせたい浅利先生でありましたが、別格家という立場上、流派を守らなければなりません。

そこで、波風が立たないよう離縁という形を取り、穏便に周作先生の前途を開いたのです。

そのことは、周作先生が、浅利又一郎の名を捨てなかった事からも読み取れます。

そんな理由で、周作先生は、妻を連れて独立し新たに北辰一刀流を創始したのです。


北辰一刀流の断絶 

維新があって廃刀令があり、また千葉家に於いては、子供たちが夭折するという非運があり、北辰一刀宗家は周作‐栄次郎‐道三郎の3代で絶えました。

北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000