女性が女性のままで努力したとき 2

 前回の続きです

 私たちは、不安な状態を「不幸」と呼び、安心な状態を「幸福」と呼んでいます。人は、そのままで努力することが自然であり、幸福なのですが、人と比べる癖=「我張(がんばり)」が湧くので、余計なもの=不安が出て来るのです。あなたの不安も、他人との比較から生まれています。

 武道では、正しい努力のことを「稽古」といいます。「稽古」とは、「古きを稽(かんがえる)」という意味で、「今日の自分は、昨日の古い自分に負けない努力をする」ことを言います。自分を強い人と比べず、弱い人は、弱い人のまま努力することが稽古です。

 この正しい「稽古=努力」を行えば、日々に自己向上があり、日々に自己肯定ができていますから、不安は絶対に起こらず、喜びに満ちた日々=幸せがやってきます。

 このように、正しい武道の稽古は、本当の幸せを与えてくれるもので、他人との競争を促し、不安を煽るものではありません。本当の自己を見つけさせ、安心させるのが、武道の目的です。これは、哲学でも禅でも、第一番の目的になっています。武道には、すごい力があるのです。

 しかし、現代の武道やスポーツは、この大事を、見失っています。やればやるほど、もっと我張らないと、他人に勝てないと思う心=将来への不安を大きく育てています。競技を行い、相手を倒すことを目標にしている、今の武道観、スポーツ観は、無価値を通り越して、世の中の害毒となっています。オリンピックが、最大級の害毒を流しています。その次が、プロスポーツです。

 さて、「精進」にも「稽古」にも、大事な極意があります。それは「自分の精一杯を尽くす」ということです。時間あるときだけやる趣味のような”中途半端”では、いけないのです。どんなに忙しくても、必死で時間を作って、毎日やりぬくという、その精一杯の努力の中で、ある日突然に「天命」は降りてくるのです。

 そのとき、あなたは、いまの自分の環境が、例えどんなに辛かったとしても、そのままで楽しくて、仕方なくなります。つまり、「真の幸福」を実感するのです。

 「天命」を知り、幸福になることは、天が人に与えた義務です。義務を果した者には、必ず権利が付いてきます。「天命」を知る義務を果たした人には、素敵な権利=幸福の中で死を迎えるという「ご褒美」があります。北辰一刀流の稽古で、この「ご褒美」をいただくことが出来ます。

*時間をつくるというエピソードをひとつ

 「国境無き医師団」の理事長だった那智さんが、インターン時代のことでした。当時のインターンは、夜2~3時頃まで、病院の中で仕事をして、朝6時には準備していなければならないという、過酷な勤務を課せられました。仕事に追われる那智さんに、教授が「勉強が足りない」と言いました。那智さんは、「忙しくて、勉強する時間がありません」と応えました。すると教授は怒って、「時間の無い時するのが本当の勉強だ。この、大ばか者~!」と怒鳴りました。那智さんは、それ以来、どんなに忙しくても、時間を作って勉強するようになりました。その努力が実を結んで、最初の女性理事長となったのでした。

北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000