据物斬り極意

天覧兜割りは、直芯陰流第14世・榊原健吉のみが成功した。斬り方は、こんな感じ。ここには据物斬りの極意が見える。これに比べると、今の居合いは藁切りが精一杯。刀踊りと言っててよい。

そもそも、剣術の振りと、据物斬りの振りは違うものである。つまり、戦うための刀術と、切れ味を試す刀術の違いである。精神にも違いがある。居合いは剣術であるが、今はそうでない。それは、代々相伝されたものではないからだ。

今の居合いは連盟が作っのもので、正統な伝系ではない。正統な伝系=正式に入門し、師に付いて、門人のみで行う稽古の中でしか教えないもの。ではないので、いろいろな流派の表面だけを取り混ぜているだけなのだ。

つまり、現在の日本剣道形や今の剣道、居合いは、ファンタジーの世界であり、リアルの世界でないということ。剣道理念の、人間形成の役に立たないということで、現実の役に立たないということだ。

現実の役の立つ、振り方のヒントが、このビデオの中にある。さて、どんなところを見ればいいのか?答えは、稽古で見つけよう。



北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000