武道に禁じ手無し

武道に【禁じ手】はありません。

私は、圧倒的なパワーを誇る、大関小錦関の突き押しの前に敢然と立ちはだかる、小兵横綱千代の富士関の雄姿。その姿を、今でも完璧に思い出すことができます。あの感動は、相撲の神髄といえます。

白鵬関は、猫だましに始まって張り手、肘打ちなど禁じられていますが「ファンあっての大相撲」ですから仕方ないかも知れません。しかし、これが「相撲」となれば、これは武道ですから話は違います。

相手がどんな手を使うか、人生は予測できないものです。危機を乗り越える心と力を養うのが武道の役目ですから、相手が卑怯で強いほど勉強になる訳で、どのような事でも受け入れて、それの対応を工夫していけば良いお稽古となります。技を禁じることは、スポーツにあっても武道にあってはいけません。

そればかりでなく、武道では、わざと過酷な状況を作ってお稽古をします。たとえば、寒い時にする寒稽古や暑いときの土用稽古、闇稽古、立ち切り稽古、掛かり稽古などがあるわけです。

さらに、【封じ手】というものがあります。自分を不利にする目的で、この手は使わないと、決めてお稽古します。「窮鼠猫をかむ」「火事場の馬鹿力」と言うように、追い込まれれば底知れない力を発揮するからです。

その他に【止め技】ということがあります。これは、上達のために、ある段階では悪い癖がつくため、使わないよう師匠命令でお稽古に制限する技です。しかし、お稽古と試合は別物で、試合は何をしてもいい、足に噛り付いても勝てとの教えがあります。

白鵬関は勝負人として生かされてますから、素人が【禁じ手・止め技】を課すのは残酷でもあります。百十の王ライオンは、ウサギを獲るときも全力で戦うといいます。それが自然の摂理です。白鵬関という王者が牙を抜かされることに、私は、強靭さゆえに受け入れてもらえなかったキングコングような、深い哀れさ、悲しさを感じます。

古武士 平山行蔵先生は、他流試合の相手はどんな武器を使ってもいいという看板を懸けていました。刀対鉄砲でも、卑怯とは言いません。武道とはそのようなものです。よい師に恵まれないと、このような話は理解できないところです。

白鵬関の張り手やひじ打ちを見苦しいとかいう人がいますが、これは武道からみれば、やられる方が弱いのであって、特に猫だましにかかるなどは、もの笑いでしかありません。その他の技でも対処方法はいくらでもあり、鍛えれば誰でも凌げます。弱者を叱咤せず、白鵬関を攻撃するのは、日本人として情けない話にもなります。

また、横綱らしくないという意見もありますが、横綱というものは勝率で決まるわけで、強さでなったものです。人格でなったわけではありません。横綱の看板を掛けさせて勝つことを背負わせ、あげく技を禁じては、勝つものも勝てません。武道としては、上司が卑怯だとも映ります。

古人は「40,50は鼻たれ小僧」と言ってまして、抜群の強さとはいえ、白鵬関はまだ30過ぎの青二才ですから、理想の風格を持たせようとするのが、人間としては無理注文なのです。

すべては、必死勝負の醍醐味に、無責任な岡目8目で、傍からあれこれ言う者が水を差しているところです。とはいうものの、その心は、真剣な武道の稽古を経験した者しか学べないところかも知れません。それで、武道家の誰かが、言わねばならない話と思いました。

勝負の醍醐味、万全の白鵬を倒す力士が現れることを楽しみにしています。



北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000