修行の神髄

修行方法


正師

私たちは、自分を高めるために修業をします。何を選んで修行するか、それはとても大事のことです。【3年かかっても良師を選べ】【正師を得ざれば、学ばざるに如かず】といいます。何よりも、正師に着くことが肝心です。

しかし、誰が正師か判断は難しい。有名な人が正師ではないからです。

私の師は、田舎の人でした。強さを誇った人ではありません。初心者のときは分かりませんでしたが、後になって、いろいろな師に出合ってみると、今は、世界最高の師に巡り合えたと実感しています。正師に出合うことは、このように判断が難しく、正師の教えを聞くことは、さらに難しいことと言えます。

皆さんは、修行をあせらず、心で正師を見分けることが大切なのです。

環境

環境が人をつくります。人には、それぞれの能力が備わっています。その能力が、どのように開花するか、一つは師に関わるわけですが、もう一つ大切な要因があります。それは環境です。その環境というのは、与えられたものではなく、自分が作り出すものなのです。

稽古を始めたら、身の回りの環境を、稽古に集中できるように作り変えるのです。漫然と、今まで同様の環境で稽古に臨んでいては、今まで同様から抜け出ることは不可能です。自分で環境を変えずして、誰が変えてくれるでしょうか?自分を変えるには、まず自分で環境を変えることから始めます。

再度言いますが、環境が人をつくります。今までの環境が今までの自分をつくったのです。さらに飛躍するためには、環境を自主的に変えていく努力がなくてはなりません。それを怠って、稽古だけで自分を変えるのは、虫がよいということで、何も変わることはできないのです。

どうか皆さん、今を変えれば、未来が変わります。今の環境を変えることから始めてください。玄関に木刀を置く。部屋に、師の教えを貼り出す。和服に親しむ。朝20分だけ早く起きて素振りをする。寝る前に10分だけ座禅する・・・など。今までにない環境を作り出してください。修行の神髄は、そこなのです。よい未来とは、自分自身が作りだすものなのです。

北辰一刀流 (第七代宗家 椎名市衛成胤)

北辰一刀流(第七代宗家椎名市衛成胤先生の北辰一刀流)道場のホームページです。

0コメント

  • 1000 / 1000