北辰一刀流について

北辰一刀流剣術は、天才剣士・千葉周作が創始しました。そして、日本一素晴らしい剣術と言われました。門人の数も、日本一でした。門人数が一番ということは、人気が一番あったということです。

なぜそれほど人気があったか?それは、第一に、周作の人間性が良かったこと、第二に、指導が合理的で分かりやすかったこと。第三に、道場が和気あいあいとした雰囲気だったこと。第四に、

さて、明治になり、武士の時代が終わり、やがて現代の剣道が生まれました。そのとき、剣道主任教授となったのが、北辰一刀流・内藤高治先生でした。つまり、北辰一刀流の技術と思想が、日本の剣術の最高峰と認められたということです。それで、北辰一刀流が、現代剣道の根幹となりました。5人しかいなかった剣道10段、戦前のほとんどの剣道指導者など、皆、内藤先生の門下生から生まれました。

このようにして、北辰一刀流は、現代剣道の発達に非常に貢献しながら、また流派として連綿と道場を守り、武士道の神髄を今に伝えています。

そのようなことから、現代剣道では、武道を誤って解釈しています。たとえ剣道チャンピオンや剣道高段者でも、武道の深い真理に到達することができないでいます。【北辰一刀流】を学んで、真剣勝負の中にある、本物の精神を学び取る必要があるのです。

現代剣道の迷走のせいで、日本人が、その素晴らしい精神を、どこかに忘れ去っています。【温故知新】古いものから学べといいます。剣道の本来の姿を取り戻し、日本本来の姿を取り戻すために、ぜひ、北辰一刀流に伝わる、伝統の教えを学んでいただきたいと思います。